« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の18件の記事

ブレンドマスターへの道 vol.15

さあ!渾身のレシピで臨んだオリジナルマットの発酵状況は…?

温度計キタ ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

セット翌朝には45℃まで上昇
熱気で衣装ケースがくもっちゃって、外からじゃ温度計がチェックできないほどに!

さらに次の日には60℃を確認
そして翌々日に温度がちょっと下がったタイミングで、1回目の攪拌を♪

むふ~いい匂い

この時点で水分がだいぶ飛んじゃってるんだけど、とある記載によると加水はしないほうがいいみたい…

失敗のもとなんだって!

まあカラッカラだったら別だろうけど、今回はしっとりしてたから大丈夫

乾燥してた場合は、温度を下げないように温水を入れたほうがいいかな?
この辺は実際に経験して覚えていくしかないね

なんかイケそうな感じになってきたから、残りのマットも同じレシピで!

飼育部屋

でも30リットル入りの衣装ケース3つを、攪拌の都度ラック最上段に上げ下げするのは大変だから、今回からは手を抜いて床に直置き

断熱材を敷いてあることだし、まあ問題ないっしょ!…って…

やっぱ20℃の環境下では発酵の進みも遅いみたいで、翌朝チェックしてみるも全く変化なし…慌てて24℃のラック最上段へ移動dash

その翌日には順調に発酵が始まって、とりあえずひと安心!φ(・ω・ ) メモメモ

なんか上手くいきだすと楽しくなってくるね~
単純B型細胞はもう完全に調子に乗っちゃって…

来月からの大量生産に備えるべく!
お小遣い前借りして衣装ケースやら何やらをドバッ!と購入

あとはフスマなんだけど…
どっから仕入れようかな?

| | コメント (5)

【グラント】究明!変色マット

ここ最近かなりの頻度で変色カッピカピになるD・O・Sの万能カブトマット
なんかもうすっかり慣れちゃった感があるんだけど…

プリンカッププリンカップ

採卵した卵をプリカに保管して、10日目でこの状態!
さすがにあんまりじゃね?

ただでさえ孵化に平均3ヶ月を要するグラントですよ?
孵化まで何回マット交換しろって話ですかコレ?

でも個人的に…オリジナルマットが形になるまでは使い続けたい!
なんつーの?なんとなくの雰囲気というか…

決して悪いメーカーじゃないと思うんだよね
だからあえて!今回はズバっと質問

画像を送って【原因&対処方法】をお尋ねしたところ…

いつもお世話になります、DOSの柳井です。
画像を拝見させて頂きましたが見た感じではバクテリアより酵母菌の繁殖が多く変色していると思います。
この症状は水分が多く通気が悪いと発生しやすいです。
また冬ロットは気温の都合上バクテリアの繁殖率が悪い傾向があります。
ご使用上では問題ありませんが、水分を少し減らして頂けると少しは改善させるかと思います。
その他、ご質問等がありましたらお気軽にお問い合わせください。

とのお返事が…
てか朝っぱらなのに即答ですよ即答!

こりゃ好感度アップだね

まあぶっちゃけ水分量はかなり少なめにしてるし、通気はプリカだしコバエ防止の為いたしかたないところもあるんだけど…

こうも真摯にご返答いただけると、なんかもう納得しちゃうよね
仕方ないから…もうちょっと使ってみるか!

まあ根が単純なB型ですから(笑)

さて!そんなグラント達の近況はというと…

幼虫画像

産卵後4ヶ月以上が経過した今なお、相変わらずボチボチと孵化中
この段階で数ヶ月ズレて、更に♂♀で数ヶ月ズレて…

それぞれ個別に単独飼育してりゃ問題ないんだけど、現段階では♂♀ごっちゃ混ぜの集団飼育なもんだから、ゆくゆく羽化時期がズレるのは明白!

やっぱ♂だけでも単独飼育がいいかなあ…

| | コメント (4)

【タランドゥス】カワラ産卵セット

タランドゥスにコケにされまくって早や2ヶ月が経過し、いいかげんレイシ材に穿孔させる自信がなくなってきたところで…

購入品【カワラブロック】を購入♪

もう次からはカワラ菌糸にぶっ込んで、そのままサクっと産ませますからdash

メーカーはまたまた懲りずにD・O・S
いやほんと安いからね

結果がついてくれば最高なんだけど…

んで色々と調べてみるに、詰めてから1ヶ月以上経過させる必要があるらしいから、どっちにしたって使えるのは2月になってからかな

羽化してちょうど6ヶ月…
意外とベストなタイミングかも?

産卵セット作製今回もバーベキュー用の網でガシガシ崩していったんだけど、カワラブロックって結構やらわかいものなんだね

勝手に硬いものだと思い込んでたから、肩を透かされて物足りない感じ(笑)

モサモサしてるっていうのかな?
ちょっと乾燥気味だし…

とりあえず容量も考えずに注文しちゃったんだけど、実際に詰めてみたら3ブロックで小プラケ2個&中プラケ1個のセットが完成!

そして2週間後…

飼育ケース 

ほどよく菌糸もまわって安心したところで、タランドゥス2ペアを再び同居

このまま更に2週間ほど待って、それからセット投入!
難航してるタラブリード…ようやく打開となるか?

| | コメント (7)

ブレンドマスターへの道 vol.14

<< ブレンドマスターへの道 vol.13

さて!ちょうど荷物も届いたことだし、新レシピでやっちゃいますよdash

発酵マット新たにブレンドするのは、懐かしの【Panda!クワガタ・カブト用昆虫マット】

これ【2ch】のマットスレで言うところの、いわるる殺虫マットなんだけど…

要は中国からの搬送における加熱冷凍処理で、有効バクテリアが死滅しちゃってるんじゃないかと思うんだよね

国産カブトムシの産卵には問題なかったんだけど、さすがに外国産幼虫飼育にダイレクトで使用するのは気が引ける…

だってその点に関しては、メーカーも自信なさげな感じだしねsweat02
ほんとは2度と使うことはないと思ってたけど…

発酵マットまあブレンドして再び発酵させちゃえば問題ないと考えたわけですよ!
ちなみにこのマットを使う理由として…

one ベースマットだけでは粗すぎる
two 1ヶ月でなるべく完熟に近づけたい
three だけど劣化が早まるのもイヤ!
four とりあえず安い

1次発酵の中に3割だけ2次発酵…
そしてセット後にゆっくりと完熟へ!っていう願望を込めて、この微粒子マットをチョイスしたってわけ
今までの経験上コバエなんかも沸いてないし、その点でも使いやすいからね

あえてもう1回言わせてもらうけど、決して単独での使用はおススメしません(笑)
ではでは…ここで今回のブレンドレシピを公開!

heart 朽木マット20リットル
spade 殺虫マット10リットル
diamond 小麦粉1リットル
club 米ぬか1リットル

そう…前記事で意味ありげに公開してた添加剤は、実はただの小麦粉&米ぬか!
これで上手くいけば、小麦粉はフスマに変えるつもりですから♪

さらにさらにsign04

発酵マット

今回からは保管スタイルもドーム型にチェンジ
とあるHPで仕入れた方法なんだけど、こうする事で熱が逃げにくいんだって!

確かにプラケースと密着してる部分ってのは、外気との温度差で結露も激しいし…
これは意外と理にかなった方法かも!?

し   か   も   …

このプラケースの下には、断熱材をしっかりと装着
底からの熱放射も許しませんよ~

あとは気になる温度変化を随時チェックすべく、温度計を差し込んでセット完了
もちろん自家製バクテリア強化液も注入済みですよ!

| | コメント (3)

ブレンドマスターへの道 vol.13

あ~あ…なんかやっちゃった気がするなあ…

飼育部屋

ものスゲー気合入れて始めたオリジナルマット作りだけど、どうやら全く発酵してないような感じなんだよねsweat02

飼育部屋て言うのもセット翌日、24℃の環境下だったら発酵熱が60℃近く上がっててもいいはずなのに、計ってみると28℃…

更に翌日と翌々日は26℃と、誰がどう見ても発酵なんてしてないもんだからイラッとしちゃって、原因もハッキリしてないのに容器を変えてなんでも乾燥室dash

まあ当然ダメですよ…

てか…え!?
やっぱこれって失敗?

( ´_ゝ`) 失敗デス     ( ´;ω;`) ブワッ

朽木マットに10パーセントの米ぬかを混ぜこんで24℃以上で保管してたのに…

やっぱ素人が低コストで簡単に作れるもんじゃないってか?
でもニオイからして腐敗もしてないから、とりあえず乾燥させて再度…って…

こ…

こんなできそこないマットなんかいらんわっ!!!

カブトムシ産卵場

ひと粒残らずクワガタ公園に廃棄downwardleftドバッ!

この不祥事はもう記憶から消した!まったく白紙の状態からもう一度…
絶対にステキなオリジナルマットを完成させてやるーーーーーーーーーっ!!!

でも反省はしっかりと♪

one 水分が多すぎた?
two 米ぬかが添加剤としては弱かった?
three 室温の割に内部の熱が上がらなかった?

などなど…考えればキリがないほど原因はあるんだけど…

ブロー容器まずは添加剤を変更

米ぬか単体だけじゃなく、○○○もあらかじめ900ccのブロー容器に準備して…

これを2つとも添加する!

こうして見ると…
なんかそれっぽいでしょ?

さらに△△△をブレンドして□□□を敷いて…☆☆☆して完成!!!
これでダメなら…

もうスッパリと諦めたるからなannoy

>> ブレンドマスターへの道 vol.14

| | コメント (9)

【ヘラクレス】亜種分類の謎

すでに撤退が決まってるレイディ!ここにきてボチボチと羽化&蛹化

昆虫画像でも未だに納得できてないんだけど、レイディって何で小さいんだろ?
あろうことか最大種ヘラヘラの隣の島に生息してるってのに…

進化って不思議!

とは言え…この辺りの亜種ってのは、たぶん普通に交雑するでしょ?

市場に出回ってるヘラクレスって、マジ純血なのかって疑問に思っちゃうよね

まあ学術的な分類にも疑問点はあるんだけど…

完全に隔離されてる環境ならまだしも、あるラインからこっちはリッキーこっちはエクアトリアヌスってのは、交雑の可能性を考えた場合きちんと分類できるのかな?

DNAとかにわずかな違いがあるとか?
てか見分けられる専業者の人って、ほんとすごいと思う!

さて!素人のうんちくは置いといて…
そろそろ体も固まってきた頃だし、ここでレイディ♂のサイズ計測でも♪

昆虫画像

え~っと…だいたい92mm!
初めての飼育だから分かんないけど、まあ普通のサイズなのかな?

頭角の突起も小さいけど1本あるし、こうして見るとコンパクトだけどバランスがとれてて、結構かっこいいカブトムシだよね

まあ全て手放しますけど(笑)

幼虫画像代わってのメイン飼育種となるヘラヘラも、少ないながら順調に孵化!

最大種なのに1年ちょっとで羽化してくれるってのは、色々な面でありがたい!飼育コストも少なくてすむしね

現状の飼育キャパからすると…
ヘラヘラはMAX60頭ぐらいかな?

一度は飼育を中断したヘラクレス・ヘラクレス…
夢の160mmUPを目指して再出発!

羽化不全と角曲がりに怯える日々が…また…

| | コメント (10)

【2010年】ブリード計画

いや実は…あんまり大きな声で言えないんだけど…
最近ちょっとモチベーション低下気味なんだよね Σ(゚д゚lll) エッ!?

飼育部屋滞在時間も減ってきてるし、実際ちょっとヤバいよな~
まあ年に数回はやってくるもんなんだけど、これを打破する方法としては…

heart 何か目標を立てる
spade 飼育種を増やしてみる
diamond 飼育部屋の模様替えをしてみる
club 蛹を見る

などなど…まあ色々な手段があるわけだけど、今回はあえて【模様替え】でモチベーションUPにチャレンジしてみようかなと!

(lll゚Д゚) また!?     ( ´,_ゝ`) フン     

そうと決まれば早速、ガチャガチャと移動開始!
つーか昨年も幾度となくレイアウト変更してきたんけど…

飼育部屋

巡り巡って…結局は飼育部屋OPEN当時のレイアウトに(笑)

やっぱヘラヘラ&グラント&サタンを本気でブリしたいってのが理由かな!
それぞれに飼育ラックを3台ずつ使用dash

んで悲しくもメインの座から落選したカブトムシ達は…

飼育部屋

左側のラック2台でひっそりと!今はコーカサス&ゴホンツノ&マルスだけど、これから飼育種は増えていくかも?

右側は変わらずクワガタ系で2台♪
まあカワラ種は全然ブリできてないんだけどねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

てか逆にクワガタ飼育ラックが2台とも満杯になるようなら、その時はすでに飼育貧乏が確定してるわけで…

そこは撤退か継続かの境界線
時間と費用が負担に感じてきたら、モチベも維持できないっしょ?

だからクワガタ系は急激に増やさない!
オオクワは80mmUP目指して邁進しつつ、カワラ種はじっくりとsign04

そのかわり【Dynastes3種】はキャパいっぱいまで増やす!

これが今年のブリ計画…かな?

でも実はマンディブラリスとかもソソられてるんだよね
最近ちょっとずつクワガタ系にシフトしてきたかも?

| | コメント (2)

【オオクワ】VIP幼虫の体重

ボチボチと国産オオクワガタ飼育ラックも賑わってきたところで…

飼育部屋ここで楽しみにしてたVIP幼虫の瓶交換をやっちゃおうかと!

ちなみにその幼虫は菌糸セット&通気ボトルにより飼育してきた個体で、1400cc×2本と1100cc×4本の計6頭

まずは昨年8月26日に♀取り出しの9月26日割り出し個体2頭から!でも実はこれ…
たぶん2頭とも♀なんだよね

たしか当時は他の幼虫の瓶交換も同時期にやってて、それが思いのほか伸びてなかったもんだから、気合で準備してた1400ccが余っちゃって…

2頭しか採れなかった幼虫を、♀っぽいけど投入しちゃったわけ!

案の定投入してから100日以上が経過するも、やっぱり食痕は見えてこず…
まあ♀で間違いないかな?

願わくは15グラム以上の巨大幼虫を!
とりあえず慎重にホジホジしてみると…

幼虫画像Σ( ゜Д゜) ハッ!いたいた~
瓶中央でしっかりと居食い中

ささっと取り出して体重を量ってみると、なんとも言いがたい13グラムで撃沈

これはっきり言って…
1400ccの意味って全然なかったよねsweat02
もう1頭も同じく13グラムで終了 ( ´_ゝ`) チーン

てか結果論なんだけど…実は菌糸の劣化もほとんど見られなかったわけだし、♀って確証があるなら羽化まで引っ張れてたかもね

さて…お次は昨年10月8日に♀取り出しの11月27日割り出し個体4頭!
ほんとは交換には早すぎるんだけど、ハイペースで喰っちゃってるもんだからね

雌雄判別せずに瓶投入したから不明だけど、50日ぐらいでの喰いあがりから…

ひょっとしたら♂ばっかりかも?
いざオープンdash

幼虫画像

モヒャ ━━((゜Д゜Uu))━━ !!!!!! これ何となくだけどデカイ!!!

太いと言うよりも長いって感じsign04
なんかすっごく期待して体重計にライド・オン♪

す   る   と   …

幼虫画像(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

25グラムだって!
これ思ったよりも全然小さいよ~

ははは…(´;ω;`) ウッ

結局4頭の幼虫はすべて♂で25・25・21・21の微妙な結果に…

でも今までの産卵セットに比べて、少ない頭数ながら最初の交換時にしては安定した成長具合だから、まだまだ効果ナシと決まったわけじゃないしね

当分はこの【産卵済み産卵木を菌糸に埋める方法】で、結果が出るまで色々と手を加えながら飼育していこうかな

割り出しも楽チンだしね!

| | コメント (5)

【タランドゥス】レイシと挫折感

いったい…どれぐらい同じことを繰り返したんだろう?

カワラレイシ材一念発起してのタランドゥス飼育にあたり、まとめて2ペアを落札してから2ヶ月…

heart アフリカ:コンゴ産WF3
spade ♂64mm:2009年9月上旬羽化
diamond ♀49mm:2009年8月上旬羽化
club 未使用・♀後食済

heart アフリカ:コンゴ産F3
spade ♂54mm:2009年8月下旬羽化
diamond ♀47mm:2009年8月中旬羽化
club 未使用・後食済

この♂♀を入れ替えて臨んだ産卵セットが、どれもこれも見事に不発

確実だと思って購入した植菌レイシ材は、互いに1週間以上も同居ペアリングしてメイトガードもバッチリ!の♀に見向きもされず…

材を入れ替えたり再び同居させたり穴を開けなおしたり…
温度を変えてみたり結露を拭き取ってみたり…

ちょっとコレ…ど~やったら産むんスか?

産卵セットムカついてもう1本dash
早い段階で同居させてた♀をdownwardleftプスッ!

ちなみに意地で使ってるこの材はD・O・S製レイシ材!つい先日までは飼育用品の全てをD・O・Sから購入しようと思ってたんだけど…

これでダメなら考え直す!

いくら材の好き嫌いが激しいタランドゥスといえど、そこそこの【カワラレイシ材】4本も使ってりゃ~1本ぐらいは当たるっしょ?

さあ…思いっきり穿孔すべし!!!

昆虫画像

ブチッannoy

じょ…

上等じゃねーか!
もう【カワラレイシ材】は使うのやめたらあっ!!
今まで送料含めてどれだけ使ったと思ってんだよっ!!!

(#゚Д゚)y-~~ ヌゥゥゥ…     (´,_ゝ`) 禁煙中でしょ?

つーかさあ…ここまで思い通りにいかなかったのは初めてだよ?
へっぽこだからしょうがないってのもあるんだけど…

でも絶対にブリードしたいsign04

だって2ペアも購入しといて、累代失敗とかありえなくね?

さて…次は何を試してみよっかな~
カワラ菌床にでも突っ込んでみるか?

| | コメント (10)

【グラント】パラダイス完成

1ヶ月ちょっとでマット環境が悪化した産卵セット…しぶしぶオープンdash

発酵マット

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ… 案の定マット内部は変色してカッピカピ

これ結局なんなんだろう?
乾燥するならマット表面から乾いていくだろうに、中央部からだよ?

しかも単に乾燥してるって感じじゃなくて、カッピカピなわけ!
発酵させた時にブロック状になるでしょ?そんな状態(笑)

開封してから1週間以上は、温室でガス抜きしたんだけどなあ…

採卵画像マットがこんな状態だから絶望視してたんだけど、これが意外にも!

しっかり産んでくれてた~
やるじゃん♪

まあケース底面から3~4個の卵は確認できてたから、まったくのボウズって事はないと思ってたけど…

プリンカップ結局1発目のセットでは2週間で23個で、2セット目からは10日間で14個の回収

本来2セット目は割り出したくなかったんだけど、実はこれ1セット目と同じタイミングで組んじゃってるもんだから、また環境が悪くなる可能性

それで早めに回収したってわけ (-_-X)

さて!今回37個の卵をGETしたところで、気になるグラントの総数はというと…?

成虫2頭 + 幼虫68頭 + 卵47個 = 107頭!!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ついにグラントパラダイスの完成!Σ(゚д゚lll) エッ!?



いやほんとは…ね?
卵がしっかりと孵化してから言いたかったんだけど…

いい加減グラパラネタも限界じゃね?ってことで、苦節1年…キリ良く100頭を超えたところで、一応の完成とさせていただきます(笑)

飼育部屋

グラント専用ラックでは最大180頭ぐらいは飼育できるから、引き続き♀には3セット目で産んでもらいつつ…

とりあえずの頭数は揃ったわけだし、これからは集団飼育の中から大きめの個体をチョイスして、ギネス狙いの単独飼育もしていく予定

目指せグラントマスター!

| | コメント (7)

【ヘラクレス】撤退の真相

今回限りでブリード撤退を表明してるレイディなんだけど、でもやっぱ【蛹化&羽化】のステージを見ちゃうと飼育モチベも上がっちゃうよね

なんせ飼育サイクルで最もテンション上がる時だからね!産卵セットを割り出す時もかなり高揚するけど、あれはあれで手間かかって面倒な部分があるし!

それから幼虫飼育時はジワ~っと楽しめるでしょ?
んでコバエ発生や交換時の体重測定なんかで一喜一憂した集大成が…

この瞬間に詰め込まれてるんだな~

昆虫画像

羽化寸前!!!

ああぁ翅がちゃんと閉じるかなあ…
どのくらいのサイズになるかなあ…

なんて期待と不安が入り混じりつつ、見守ることしかできないのが歯がゆい!

そういえば初めてヘラクレスが羽化しそうだった時は、夜中1時間おきに目が覚めて蛹とにらめっこしてたぐらいだからね

マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆ チンチン     ( ´_ゝ`) 寝なさい

でもレイディ飼育はこれで終了!あと17頭の蛹&終令幼虫が羽化したら、全て手放してヘラヘラ飼育に没頭するつもり!

え?なぜかって!?

え~っと…まあ少品種多頭飼育すなわち1種1亜種に執着する理由はたくさんあるけど、最大の理由としては…

おそらく♀の見分けがつかないから(笑)

だからヘラヘラ飼育を始める以上は、レイディの撤退は必然なわけ!
オウゴン系もカルコソマ系も…マジ♀見分けるの無理ですからsweat02

これ理由として成立するよね?

昆虫画像とまあウダウダ言ってる間に、なんとか完品で羽化が完了

これから体が固まるまで数週間はそっとして…ってわけにもいかなくて、早い段階で別室に移す必要が!

実際この時点で露天掘りした蛹室から抜け出ちゃってるんだけど、このすぐ横には蛹がもう1個体いるわけですよ

集団飼育&露天掘りのデメリット…

それは羽化した個体がさまよったあげく、他の蛹室に入り込むこと!

以前ヘラヘラ♀の3頭集団飼育でその惨劇を経験したもんだから、ハッキリ言って今の状況は心臓に良くありませんな

まあ経験上…ほとんどの個体が元の蛹室に戻って落ち着くんだけど、油断は禁物!
ヘタに動き出す前に、個室に移してやらなきゃねdash

| | コメント (2)

【マルス】さらば漆黒の巨象

昨年9月にオークションで衝動買いしてから4ヶ月
圧倒的な巨体を誇る軍神マルスも、先日ついに帰らぬ虫に…

昆虫画像えっと…羽化が確か昨年の8月だったはずだから、かれこれ5ヶ月は生きてた事になるんだけど、それでもやっぱ大きさの割に寿命は短いよねsweat02

飼育早々に右前足フセツがぶっとんじゃったにもかかわらず、2♀相手に何度も頑張らせちゃったからなあ…

(´;ω;`) ウウ・・・     ( ´_ゝ`) チーン

でも!そのおかげで決して多くはないんだけど、2♀からは計100個の卵をゲット

管理がへっぽこだから、孵化率は褒められたもんじゃないんだけどね

さてさて!そんな孵化率低迷を少しでも改善するために、前々回採卵した時から卵保管方法を変更してみたんだけど…

約40個の卵の運命やいかに!?いざ割り出しdash

幼虫飼育ケース結果…33頭が無事に孵化♪

もともとな卵もチラホラとあったわけだし、これだけ孵化してくれれば文句は言えないでしょ

んで例によって、累代飼育用でここから10頭を飼育ケースに移して、あとはちょっとずつオークションに出品予定!

合間でプレもするつもりだけど、ゾウは需要が少なさそう(笑)
飼育期間&飼育スペースがね…

次に成虫を手にする事ができるのは、果たしていつになるやら?

| | コメント (5)

【サタン】オークションの光と影

先月に引き続き今月も…どうやら終始マット交換に追われそうな予感sweat02

ほんと毎月ちょっとずつ交換できればいいんだけど、変に集中しちゃうとね…時間やら費用やらが、結構じわっと響いてくるんだよね

ちなみに今回交換を予定してるサタン幼虫はdownwardleftこちら!

one まんじ親方から頂いた幼虫♂♀ペア飼育個体
two オークション落札個体Yellow系統12頭
three オークション落札個体Green系統6頭

親方から頂いた個体は♂1頭単独飼育+羽化ズレ防止に♂♀ペア飼育の計3頭で、今のところ最も羽化が近いと思われる期待幼虫!

前回交換してから1ヶ月ちょっとしか経ってないけど、マット激減&線虫大発生につきしぶしぶ交換…

幼虫画像heart 2008年12月孵化
spade 前回交換日11月23日
diamond 前回交換時84グラム
club 今回86グラム(+2)

このクラスの幼虫と60グラム台の♀幼虫を一緒に飼育してるんだから、そりゃマットもガンガン減るっつー話ですよ!もうあんまり食べないと思ってたのに…

んで今回からはこの♂幼虫も単独飼育にチェインジ!♀幼虫も2リットルのブロー容器飼育に変更して、羽化までじっくり成熟してもらうことに♪

羽化マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆ チンチン     ( ´_ゝ`) まだデス

さあ次!Yellow系統12頭いっときましょうdash

幼虫画像heart 2009年5月孵化
spade 前回交換日9月22日
diamond 前回交換時42グラム
club 今回78グラム(+36)

伸びたね~

12頭のうち前回2令のままだった幼虫は、残念ながら今回っちゃってたんだけど…

それでも最終的に♂7♀4になって、♂幼虫は2頭を除き軒並み70グラムUP
その2頭も60グラム後半だから、比較的順調な生育にひと安心

ちなみに78グラムの幼虫以外は、すべて2頭ずつの集団飼育!
飼育部屋における単独飼育のボーダーは、いちおう80グラム前後って事で(笑)

(lll゚Д゚) そうだったっけ?     (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

さてさて…残るはGreen系統6頭
でも今さら気付くのもアレだけど、このグループはちょっと難アリかな?

もともと昨年8月に落札した時点では、この幼虫達は9頭いて2令後期~3令初期だったんだけど…よくよく飼育記録を見てみたら、孵化はなんと6ヶ月前の2月?

さらに1ヶ月後の9月にマット交換したんだけど、成長の兆しは皆無で3頭

これひょっとして集団飼育における摂食&発育不良個体を掴まされちゃったかな?なんて不安な思いで飼育ケースを暴いてみると、案の定すべて全滅!( ´;ω;`) ブワッ

たまたま偶然かもしれないけど…
もう2度とこの出品者からは落札しませんからannoy

この穴は現在ペアリング待ちの新成虫に、しっかりと埋めていただきます!

| | コメント (0)

【グラント】カブトムシ入門種

グラントシロカブトの楽園グラントパラダイスを目指して、はや1年…

たかだか100頭の幼虫確保に苦戦を強いられ、その間に購入した成虫ペアは想定外の4ペア!普通2ペアで充分でしょ?

はやくグラパラの呪縛から解き放たれたい…
そんな想いで組んだ最終ペアの産卵セットも、いよいよ2セット目に突入

飼育部屋

少なくとも30頭ぐらいの幼虫が得られればいいからね~
まず間違いなく!今回で100頭はクリアできるはずdash

あとはなるべく長い期間この産卵セットのままで引っ張って、2~3ヶ月後にプリンカップで個別管理すればOK!…って…Σ( ゜Д゜) ハッ!

ま   た   で   す   か   ?

万能カブトマットこれセットして1ヶ月&♀を取り出して2週間の産卵セットなんだけど…

またも環境が悪化!

過去の経験からすると…
これは菌?もしくはカビ?

確かに幼虫飼育には差し支えないと思うんだけど、卵管理には不向きでしょ?

ひょっとしたら菌じゃなくて前回同様再発酵カッピカピの可能性だってあるわけだし…

はあ…また早めに採卵しなきゃsweat02

ほんと最近は不祥事の連続で、愛用してた【スーパー万能カブトマット】の評価はガタ落ち!前回開封時なんか、過去2連続でカブトムシの足が入ってたしねannoy

メーカーに改善要求メールするだけで、足混入の件は伏せとくつもりだったけど、いくらマットが安くても、交換頻度が高けりゃ本末転倒だよ

てか!よく雑誌とかオークションとかで【グラントは日本のカブトムシと同じように飼育できるから初心者でも安心!】なんて記述を見かけるけどさあ…

これってマジで言ってんの?
卵の管理とか結構しんどいと思うけど?

さてさて、そんな入門種グラント(笑)に嬉しいニュースが!

幼虫飼育ケース昨年2月にオークションで購入した2007年12月下旬孵化の幼虫が、ようやく蛹室らしきものを形成♪

33頭いた幼虫達は20頭以下になっちゃったけど、このタイミングで蛹化&羽化してくれるのはありがたい!

集団飼育だからバラツキが怖いけど…

まあ1頭が蛹化すれば他も続いてくれるからね~
たくさんの成虫に囲まれて過ごす夢の日々も…そう遠くないかも?

| | コメント (7)

【マルス】過去最悪のマット

あーーーもうっ!ほんとコレどーなってんの?
新品のマットを使用してから、まだ1ヶ月ちょっとしか経過してないのに…

飼育ケース大量発生ヒィー (((゚Д゚))) ガタガタ

しかも太いのよ!
この見慣れない太さは線虫じゃなくて…

コバエ?

いやいや待て待て!
確かにシマ模様のコバエらしき虫もいるけど、なんかもっと太長いものが…

まさか…ミミズ…か?

だって例の位置にそれらしき節目もあるし、なによりも群を抜いてデカイ!

これはもう…最初から混入してた害虫で間違いないよねannoy

もちろんマットは最近お気に入りのD・O・S製【スーパー万能カブトマット】
使い始めてしばらくの間は、こんな害虫による被害は少なかったんだけど…

製造ロットのせい?最近かなり多いですよコレ

いや実際に開封後の混入も充分あり得る!
でも短期間でこんなに増える?ましてやミミズなんて…

まあ害虫の混入はゼロにはならない事は分かってるけど、今回の様にしょっちゅう発生してマット総替えを余儀なくされてたら…うち破産しまっせ?

60℃ぐらいで加熱処理とかしてくれないのかな…
こんな状況が続くなら、いずれこのメーカーは見切らないとね (;´д`) トホホ…

ちなみにコレはマルスゾウカブトの幼虫飼育ケースで、マットに菌糸をドーピングして結果を楽しみにしてたもの

しかも発生したのは爆弾投入したほうじゃなくて、2ケースとも比較用にノーマルマットで飼育してたほうだってんだから…

ほんっと笑えねーよ?
コレもう比較実験どころじゃなくね?(#゚Д゚)y-~~

てわけで実験は中断!とりあえずマット総替えのために幼虫を救出して、適当に数頭残してあとはオークションへdash

幼虫のステージに幅を持たせていく事で羽化ズレを防止する作戦なので、これからもちょっとずつ余品を出品していくつもり!

ちなみに現在のマルス状況はというと…

幼虫画像元祖羽化ズレ防止用として、成虫ペアと同時に落札した別血統の幼虫2ペア

孵化から5ヶ月が経過した時点での♂幼虫は、悲しくも1頭ってたけどもう片方は順調70グラム!だけど…

この体重でも太すぎてキモいsweat02
この先どーなるんだろ…

プリンカップさらに成虫2♀でせっせと産卵に励んでくれたおかげで、だいぶ採卵数も減ってきたけど計18卵ゲット

これで未孵化卵が50個ぐらいストックできたから、いい加減くたびれてきたっぽい2♀も今回で現役引退!(TωT)ノ~~~

増えすぎても困るしね

んで今回採卵した卵の孵化時期からすると、飼育する幼虫に最大6ヶ月は開きができるわけだから…

まあ累代できるのは間違いないでしょう

でも一時は最大で30頭ぐらい飼育しようかと思ってたマルスだけど、最近そのあまりの大食漢に少しだけ寒気がしてきたから…

まあ…♂10♀6ぐらいかな?

ちょっと規模を縮小して、今後ゆとりをもって飼育していく予定!

| | コメント (3)

ブレンドマスターへの道 vol.12

<< ブレンドマスターへの道 vol.11

オリジナルマットのベースとなる朽木マットが決まったところで、次は添加剤を何にするかって話だけど、ひと言で添加剤って言ってもねえ…

まあフスマや小麦粉などなど…そりゃ色々ありますよ?
でもここで金かけちゃコストダウンにならん!

いやほんとは最もこだわらなきゃいけないところだけど…
あくまで低コストを追求するがゆえに、今回チョイスした添加剤はdownwardleftこれ!

添加剤レンジで5分間ほどチンして害虫駆除したこの粉末は、精米の際に出る米ぬか

もうコレ処理に困るほど出るannoy

水に濡れるとドロッドロになるから外に捨てられないし、畑とかに混ぜ込むといい肥料になるって聞くんだけど、実際めんどくさくてやった事ないし…

朽木マット一応は発酵マットを作る際の添加剤のひとつとして知られてるわけだから、基本タダだし使わない手はないでしょ!

んで配合はというと…

20リットルのマットに対して5%の1リットル…のつもりだったんだけど、なんとなくガンガン攻めたくなって2リットル投入dash

さらにここで!
今回の目玉とも言うべき、謎の液体を準備

ミキサー実はこれ、幼虫の糞と水とをミキサーでシェイクしたもの!

基本的にコバエや線虫の湧かなかったマットは、糞を取り除いて乾燥保管!いずれカブトムシの蛹化セットなんかに使うんだけど、この糞だけは使わないから花壇に捨ててたんだよね

でもコレ…バクテリアの活性化なんかにうってつけじゃない?

実際バクテリア材を作る時にも使用するみたいだし、以前読んでたクワガタ屋さんのブログによると、単純に糞だけで発酵させたりとかって記事もあったし…

朽木マットまあ物は試しっつー事で!

糞の容量で約1リットル分をdownwardleftドバッ!と投入してグチョグチョッ!っと攪拌
ちょっと気持ち悪いけど(笑)

ちなみに左側が水だけのもので、右側が糞…って言ったら聞こえが悪いから、バクテリア強化液をプラスしたもの!

この2パターンで発酵マットを仕上げて、そして育成状況を比較する予定だったんだけど、それ結果が出るの何ヶ月先の話よ?ってめんどくさくなっちゃって…

結局もう片方もバクテリア強化液を投入sign04

あとは約1ヶ月の間、攪拌しながらなんでも乾燥室でじっくり…ってのもヤメにして、もともと24℃前後をキープしてる飼育部屋で熟成

これでオリジナルマットができるはず!

だけど…実際どうなんでしょ?
マットの作り方は人それぞれで千差万別だけど、なんかマズイところあるかなあ?

まあ失敗して当たり前だし、今年1年じっくりチャレンジしていきますか!

| | コメント (5)

ブレンドマスターへの道 vol.11

今までボチボチと低コストマット作製のためにやってきたわけだけど、年も明けて気分も新たに!飼育部屋の存続を賭けて、いっちょ本気で取り組んでいこうかと!

つーわけで!今回からは大きく方向性を変えて、基本的に自分で発酵マットを作るってのを目指してチャレンジしていくつもりだけど…

大きく3つの要素である品質・手間・コストのうち、どれも市販のマットに劣るようじゃ作る価値はまったくなし!

つーか手間は間違いなくかかるわけだから、最低でも品質・コストどちらかひとつに大きなメリットを見い出さないと、ただの自己満足になっちゃうでしょ?

今回はとりあえずコストを抑えるためにチャレンジするって事で、まずはベースとなる朽木マット選びが重要なポイントになるんだけど…

現在メインで使ってる【スーパー万能カブトマット】が、60リットル送料込みで2,550円ってお手ごろ価格だから、最低でもそれ以下のマットを選択する必要が!

でも…

なかなか無いもんだね
クヌギ主体のものだったら、60リットルで2,000円前後が普通なの?

こんなの使ってたら本末転倒だしsweat02

そ   こ   で   …

朽木マット

悩んだ末にチョイスしたのはupwardrightこれ!
ずいぶん前に1回だけ購入したことのある、ホビー倶楽部の【粉砕マット】

ちなみにお値段は60リットルで1,260円なんだけど、ありがたいことに2ケースまで同梱包可能!さらに鳥取県までだと送料は驚きの540円

朽木マットてかクヌギじゃなくて粗めのコナラなんだけど、まあ全然こだわらないから!

どっちみち産卵セット~初2令の幼虫飼育には今使ってる微粒子の【万能カブトマット】を使うつもりだから、加齢して育ち盛りの3令初期あたりには…

かえって丁度いい粗さかもね♪

例えば現行のマットを240リットル購入した場合、費用は2,550円×4ケースで10,200円なのに対して、この粉砕マットなら6,120円

あと120リットル追加しても、充分お釣りがくるってわけ

( ゚д゚) スゲェ…     ( ´_ゝ`) フフン

とまあ…捕らぬ狸のなんとやらはさておき、問題はこのマットをいかに安く発酵させるかって所なんだけど、実はコストゼロの秘策あり!

それは…

>> ブレンドマスターへの道 vol.12

| | コメント (2)

【2010】謹賀新年!

飼育部屋

明けましておめでとうございます!!!

バタバタしてるうちにあっと言う間に年も明けて、マヤの予言まであと2ね…身もココロもリフレッシュして新たな1年のスタートdash

禁煙や禁酒や禁パチなどなど、確実に挫折するであろう目標なんかも立ててみつつ、やっぱりカブクワにおいても年間の計画?というか、モチベーション維持のためにもしっかりとした方針を打ち立てておきたいところ!

そういうわけで、ここで今年1年のカブクワ飼育方針を発表

そ   れ   は   …

【お金をかけずに時間をかけるべし】

(゚Д゚) ハァ? 何それ?ってツッこまれる前に説明いたしますと、要は昨年末に調子コイて飼育数をバンバン増やしちゃったもんだから、今年は結構な飼育貧乏に陥る可能性が大きいわけ!

でも飼育数は減らさない!2年前に飼育部屋をオープンした時から、いずれはこの部屋をカブクワでいっぱいに…って想いでここまで来たからね

でも実際お金がかかるでしょ?

だからこそ!オリジナルマット作製や菌糸瓶の手詰め、マットや用品のリサイクルなどなど…とにかく手間をかけてでも飼育費用を低減する!

とは言え安けりゃいいってわけでもなくて、工夫して効果の高い飼育方法を見つけ出して、そこから立派な個体を育て上げていく…

今更だけど、この原点に立ち帰ってみようかと♪

カミさんから縮小命令が下る前に!
今年は真剣にチャレンジしていきたいと思っとります(笑)

あとは積極的に交流の輪を広げていきたいな~

こんな万年へっぽこブリーダーですが…
今年もどうぞよろしくです!

| | コメント (9)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »