« 【2010】謹賀新年! | トップページ | ブレンドマスターへの道 vol.12 »

ブレンドマスターへの道 vol.11

今までボチボチと低コストマット作製のためにやってきたわけだけど、年も明けて気分も新たに!飼育部屋の存続を賭けて、いっちょ本気で取り組んでいこうかと!

つーわけで!今回からは大きく方向性を変えて、基本的に自分で発酵マットを作るってのを目指してチャレンジしていくつもりだけど…

大きく3つの要素である品質・手間・コストのうち、どれも市販のマットに劣るようじゃ作る価値はまったくなし!

つーか手間は間違いなくかかるわけだから、最低でも品質・コストどちらかひとつに大きなメリットを見い出さないと、ただの自己満足になっちゃうでしょ?

今回はとりあえずコストを抑えるためにチャレンジするって事で、まずはベースとなる朽木マット選びが重要なポイントになるんだけど…

現在メインで使ってる【スーパー万能カブトマット】が、60リットル送料込みで2,550円ってお手ごろ価格だから、最低でもそれ以下のマットを選択する必要が!

でも…

なかなか無いもんだね
クヌギ主体のものだったら、60リットルで2,000円前後が普通なの?

こんなの使ってたら本末転倒だしsweat02

そ   こ   で   …

朽木マット

悩んだ末にチョイスしたのはupwardrightこれ!
ずいぶん前に1回だけ購入したことのある、ホビー倶楽部の【粉砕マット】

ちなみにお値段は60リットルで1,260円なんだけど、ありがたいことに2ケースまで同梱包可能!さらに鳥取県までだと送料は驚きの540円

朽木マットてかクヌギじゃなくて粗めのコナラなんだけど、まあ全然こだわらないから!

どっちみち産卵セット~初2令の幼虫飼育には今使ってる微粒子の【万能カブトマット】を使うつもりだから、加齢して育ち盛りの3令初期あたりには…

かえって丁度いい粗さかもね♪

例えば現行のマットを240リットル購入した場合、費用は2,550円×4ケースで10,200円なのに対して、この粉砕マットなら6,120円

あと120リットル追加しても、充分お釣りがくるってわけ

( ゚д゚) スゲェ…     ( ´_ゝ`) フフン

とまあ…捕らぬ狸のなんとやらはさておき、問題はこのマットをいかに安く発酵させるかって所なんだけど、実はコストゼロの秘策あり!

それは…

>> ブレンドマスターへの道 vol.12

|

« 【2010】謹賀新年! | トップページ | ブレンドマスターへの道 vol.12 »

ブレンドマスターへの道」カテゴリの記事

コメント

ほたてさん読みました。もっと安くでマット作る方法あ

りますよ。教えたくないけど内緒で教えちゃいますよ。

ただで手に入るかもしれません。誰にも教えないと言う

条件で教えます。タダで手に入る可能性大です。ホタテ

さんのシイタケホダ木がヒントです。たぶん喜んでくれ

ると思います。ではメールでお答します。

投稿: キム | 2010年1月 3日 (日) 17時17分

キムさ~んhappy01

えへ!今メールしましたよ♪

投稿: ほたて | 2010年1月 3日 (日) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2010】謹賀新年! | トップページ | ブレンドマスターへの道 vol.12 »