« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の9件の記事

【ゴホンツノ】希望のヒカリ

3令後期の強烈なワンダリングを何とか乗り越えた♂3頭の蛹すべてが、突然のにより崖っぷちに立たされたゴホンツノの累代計画…

残るは【幼虫♂2頭 + ♀3頭】&【蛹化したと思われる♀3頭】のみ!
胃が痛くなるようなバランスだな~

ちょっと怖いけど…
ホジって様子を確認してみようかな?

まずは蛹化した♀3頭の飼育ケースからdash

飼育ケース昆虫画像

1頭は残念ながら不全だったけど、なんとか2頭の元気な蛹を確認
てか今回の掘り出しで面白い発見が!

この蛹化した飼育ケースの四隅に、きれいな穴が開いてるでしょ?
実は蛹室はこの穴の真下に位置してるんだよね

これで仮説【暴れは脱出口を確保するための行為】ってのが真実味を帯びてくる!

さらにゴホンツノの蛹室ってのは意外とモロくて、実際に不全の1頭も蛹室が崩れた事が最大の原因っぽかったから…

one ゴホンツノは主に竹林で発生&繁殖
two 地中は竹の根が張り巡らされて非常に堅い
three すなわち蛹室は弱くても問題ないが脱出口は必要

これは納得できるsign04

飼育ケースなかなか蛹化しない♂幼虫をやけっぱちで投入した材入りセットでも、まったく暴れず素直に蛹化が始まったことを考えても…

今まで常識として言われてきたことだけど、やっぱりスムーズな蛹化には【ガッチガチに堅い層】が効果的!

なんせ竹の根が相手だからね

だからゴホンツノの蛹化セットは、コーカサスよりも堅くする必要があるかも?

でも深~い容器にガチ詰めしても、今度は酸欠の問題が出てくるから…
やっぱ【材】しかないでしょう!

まあ推論にすぎないんだけどね
なんかスッキリした気分♪

φ(・ω・ ) メモメモ     ( ´_ゝ`) フーン

続く♀幼虫の確認作業では、残念ながら2頭がっちゃってたけど…
ボトル内で蛹室を作ってた♂個体を暴いてみると!

昆虫画像

キタ ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!心配してたけど無事に蛹化

てか容器の側面に沿って無駄に長い蛹室って…
やっぱ思いっきり堅い層を求めてるのか?

累代を可能にするには貴重な♂だから、これは何としてもモノにしたいな~
ちょっとぐらいの翅パカでもVIP待遇しますから!

| | コメント (3)

【ノコギリ】お勧めクリアボトル

今シーズンから本気ブリ宣言した地元産ノコギリクワガタなんだけど…

その意気込みとは裏腹に、ブリードの管理は結構ずさん!
いつ産卵セットに投入したのかっていう飼育データとか全く残してないsweat02

何とな~くセットして何とな~く♀を取り出してって感じ?

肩の力を抜いて気楽にブリ♪
採りすぎてもリリースできるし、地元産ってのは安心できるよね

まあ細かな記録は残してないけど、こんな時にブログを書いてると助かる!
何日かのタイムラグはあるにせよ、おおよその飼育データが分かるからね

てことで過去の記事を見てみると…

えっと…採卵したのが8月下旬?
だったら孵化してますやんdash

( ´_ゝ`) ヌルいね     ヾ(´ε`*)ゝ エヘ

それじゃ何とな~く割り出し開始!その結果…

幼虫画像幼虫画像

採卵した7個のち6個が無事に孵化!

自作マットでの管理だったから少し不安だったんだけど…
何とか孵化&成長してくれてて良かった~

意外と相性いいのかも?

さ~いよいよ初の幼虫飼育!
サイズを狙うなら菌糸に投入したほうがいいんだよね?

でも菌糸は基本的に【オオクワ&カワラ種のみ】っていうマイルールがあるから、これからも自作マットで飼育するつもりだけど…

マットは劣化や食痕の判断が難しいsign04

そ   こ   で   !

飼育容器飼育容器

ゴホンツノカブトでも使用した【D・O・S】のクリアボトルを購入!

透明だし丈夫だしネジ式キャップでコバエ侵入できないし…
これで830ml が1本115円って安くね?

やっぱマット飼育は中身がしっかり見えないとね

一般的なブロー容器は開口部が鋭利な場合が多いから、小さな子供が飼育を手伝ってくれるような状況では使いにくいでしょ?

その点このボトルは安心設計!
お勧めですよ~

てか真剣にブリするって言いながら、実は採卵とか意外と面倒だったりするんだよね
2回目の産卵セットは幼虫で割り出そうかな?

まあ…のんびり行きましょ!

| | コメント (4)

【モセリ】希望の再スタート

ちょっと暴れただけで直ちにと化す、例の格安カワラ菌糸…

劣化・異物・コナダニなどの影響か?
この前まで5頭は生存してた【モセリ】の幼虫も、いつの間にか3頭に減少

もはや育つ育たないの話じゃないから!
生きるか死ぬかの問題だからannoy

ったく!ひでえ菌糸だぜ…

(#゚Д゚)y-~~ イライラ     ( ´_ゝ`) 値上がりするよ?

まあ飼育部屋の温度もさあ、ちょっとカワラには高かったとは思うけどね
でも!そんな過酷な環境を乗りこえてきた3頭のうち1頭が…

昆虫画像昆虫画像

無事に蛹化&羽化sign04

コレupwardright瓶底との間に変な空間があるでしょ?実は1ヶ月前に蛹室を作ってるのが分かんなくて、思いっきり逆さにして瓶交換しようとしてたんだよね!

でも中身が飛び出す寸前で気が付いて、そのままの状態で保管…なんとか蛹化してくれたけど、寝返りできなそうだったから人口蛹室に移したってわけ

危なかったな~

サイズはもちろん極小の♀だけど、なんせ初のオウゴンオニ羽化!
ここはブリーダーとしては結構な感動ポイントでしょ?

思わず記念撮影しちゃった♪
けど…

喜んでばかりもいられない!!!

相変わらず累代の【危機的状況】には変わりがないわけだし、そろそろ次の手を打っておかなきゃヤバい!つーことで…

ついにたかパパさんから頂いたペアの登場

たしか7月下旬に揃って後食を始めて、その後しばらくしてから1ヶ月以上も同居させてた濃厚カップル…♀が♂を避けるようになってきた今がチャンスか!?

昆虫画像

おそらく♀は産みたくて仕方ないと思うんだよな~
それなのに追っかけてくる♂が超ウザイ!って感じ?

だったら産ませてあげましょう(笑)

とはいえセットを組むのに必要な用品が手元にないから…
まずはウォーミングアップのつもりで、例のカワラ菌糸に投入!

カワラ菌糸カワラ菌糸

【タランドゥス用】として2リットルのガラス瓶に詰めてたモノなんだけど、そもそも幼虫がそんなに大きくならないし、っちゃう可能性もあるから怖くて使えないしで…

使い道がなくて放置してたんだけど、産卵には実績があるから丁度よかった!

とりあえず安心してブリできるように、10頭ぐらいは確保できればいいかな?
まあ今回は産まなくても、まだまだ寿命に余裕があるからね

さあ!今のうちに次のカワラ菌糸を探しておかなきゃdash

| | コメント (8)

【グラント】新たなる野望

さて!今年の稲刈りも無事に終わって、とりあえず地獄の農繁期も一段落

これでじっくりドラクエが…
じゃなくて、ブリードに全力投球できるってもんですよdash

色々と溜めちゃってたからね
まずはグラント産卵セットの割り出しイってみよう♪

採卵画像2♀で4セット組んだんだけど、そのうち2セットが♀取り出しから2ヶ月ちょい経過!

グラントは孵化まで平均3ヶ月でしょ?

だから出来るだけ産卵セットのままで引っ張って、そこから孵化してない卵をプリカで1個ずつ管理するってのが、自分としては理想の方法なんだけど…

今回ようやく実行できたsign04

てのも今までは市販のマットを使ってたからね
マットが劣化したりコバエ&線虫が発生したりで、1ヶ月ちょいで強制採卵

そしてプリカで保管してても、それすら全交換を強いられ…
孵化するまで相当の手間が掛かってたんだよねsweat02

でも今回は自作のマットを使用!

まだまだ発展途上のマットで栄養価は分からないんだけど、何よりコバエの侵入だけには細心の注意を払ってるから…

このセットはもちろん飼育部屋でのコバエ発生率も激減!
完全シフトしてからは発生0件で、非常にクリーンな環境

ほんとは全て孵化するまで放置したいんだけどな~
それは残念ながら無理!だって…

採卵画像採卵画像

モヒャ ━━((゜Д゜Uu))━━ !!!!!! もう次々と孵化してますから!!!

しかも結構たくさん産んでるっぽいし…このまま放置して幼虫が大きく成長しちゃうと、まだ孵化してない卵まで潰しちゃう可能性があるでしょ?

だから最終的にはプリカで単独保管するしかない!
経験上7ヶ月で孵化した例もあるしね

てか採卵してて思ったんだけど…今回は早々と2令になってる幼虫もいるし、とにかく全体的に孵化が早い!さらに卵の大きさも今までより明らかに大きい…

産まれた環境】を変えないってのは大事だな~
円滑なグラント飼育においては特に、害虫の湧かないマットが必需なのかも?

採卵画像採卵画像

採卵の結果…1セット目は【卵29個 + 幼虫17頭】
ほんとは卵30個だったんだけど、まあ大人の事情で29個に(笑)

続く2セット目は【卵9個 + 幼虫6頭】
産卵中に♀がっちゃったから、これは仕方ないかな?

でも合計60UPの結果に大満足

自作マットのおかげでブリも楽になった気がするし、もちろん今後もガンガン増やしていくつもりなんだけど…ここでモチベ維持のためにも新たな目標設定を!

one 自作マットでギネスを目指す
two とりあえず飼育目標は300頭

やっぱ大好きなカブトムシだからね
これからは真剣にサイズも追求して、気が済むまで飼育しなきゃ!

| | コメント (11)

【コーカサス】累代の行方

えっと…たしか7月上旬だったかな?

しばらく放置してたコーカサスのマットを交換する時に、想定外に蛹化してた♀に肝を冷やしてから、あっと言う間に2ヶ月が経過

そ   し   て   …

昆虫画像

しっかり羽化して後食も開始♪

1頭たまたま羽ばたいた後だったから翅が出てるけど、3頭とも揃って完品!
てかコーカサスの♀って野外品よりも簡単に大きくなるね

でも…

こうなると問題になってくるのは、羽化ズレによる累代失敗
2ヶ月前の交換時には蛹化寸前っぽかった♂幼虫は…?

昆虫画像 one 前回81グラム

うおっ!蛹化してるけど…

.

昆虫画像 two 前回93グラム

やっぱ短いsign04

.

昆虫画像 three 前回92グラム

前蛹…?

.

昆虫画像 four 前回98グラム

これは無駄に太いっ!

そもそも前回の交換が失敗だったんだよな~

あんまり暴れた形跡もなく、スムーズに蛹化しそうな気配だったのに…

空気も読めずにマット全交換なんてしちゃったもんだから、結局それが気に入らなくて相当ワンダリングしちゃったっぽい!

マット表面やケース側面が荒れ放題だったからねsweat02

その中でも唯一の前蛹…この個体には期待できそうかな?
マットの締まり具合からしても、派手に暴れた感じがしないし…

とにかく他の個体よりも蛹室が長いっぽい
まぐれでいいから長角を!

てことで…

意外と早く蛹化してくれたおかげで、♀との羽化ズレは最大でも2ヶ月dash
寿命は平均3~4ヶ月だから、累代もギリギリ可能…か!?

| | コメント (7)

【ゴホンツノ】やけっぱちセット

3令になると魔のワンダリングで【暴れまくり&死にまくり】な~んて恐ろしい飼育記事を見かけるゴホンツノカブトだけど、これが意外とスムーズに蛹化

3リットル容器で単独飼育してる♂は、3頭が蛹化して1頭は前蛹という優秀な成績!
残る1頭はニートで徘徊中だけどねsweat02

♀は全6頭のうち3頭が蛹化してるし…
難関種と言われてるゴホンツノだけど、実は意外と簡単じゃね?

しかも♂の羽化も近そう!
早ければ明日にでも…って…Σ(゚д゚lll) エッ!?

昆虫画像

まさか…っちゃってんの!?

( ´_ゝ`) 間違いないね     ( ´;ω;`) ブワッ

昨日までは元気だったはずなのにな~
ほら!羽化しようとして足まで出てきてるのに…

そりゃないよannoy

幼虫時に暴れすぎて体力を消耗してたのかな?
それとも飼育部屋の温度が高すぎた?

確かに今年の夏は夜でも気温が下がらなくて、エアコンOFFしてたら27~28℃まで室温が上昇しちゃったこともあったからね

デリケートな時期には酷だったのかな?
Σ( ゜Д゜) ハッ!つーことは…ひょっとして…

ウ   ソ   で   しょ   ?

昆虫画像昆虫画像

逝くなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!

マジかよ…
さっきまで余裕ぶっこいてたのに、まさかの3連葬に危険信号

もう…後がない!
このままだと累代はおろか全滅の危険性も…

残る♂幼虫2頭のうち前蛹の1頭は放置でいいとして…もう1頭!のんびりニートなんかしてる場合じゃないですからdash

かといって効果的な蛹化セットも不明だしな~

てかゴホンツノの蛹室って無駄に長いんだけど、考えてみればタランドゥスなんかも長い蛹室だったし、これ堅い部分を求めてるってことで同様の現象?

だったら…

蛹化セット蛹化セット

小ケースに余ってた自作バクテリア材を大胆に埋め込んで、活動可能範囲のほとんどが【材】というやけっぱちな蛹化セットを作製!

まあゴホンツノには大きさが足りないセットなんだけど、実際コーカサスにしてもゴホンツノにしてもタランドゥスにしても…蛹化に【材】は効果的だと思うからね♪

あくまで今回は実験という事で (笑)

とはいえ羽化してくれなきゃ始まらない!
ミニサイズでもいいから…

もう観念して蛹化しなさいsign04

| | コメント (5)

ブレンドマスターへの道 vol.25

とにもかくにも、まずは初期発酵で60℃以上に発熱させるべく、万全の体制で挑んだ8回目のオリジナルマット作り…その後の経過報告を!

・【ドライイースト】を予備発酵させた水溶液
・【光合成細菌】を培養した水溶液

今回は上記2品をフスマと一緒に添加して比較してみたんだけど、想像以上にマットの反応が早い!翌日には50℃手前まで一気に上昇

これはイケる!!!

今までは高温でやられちゃうと思って中盤に投入したてんだけど…
やっぱ起爆剤としての菌は必要なのかも?

( ´_ゝ`) 深いね     φ(・ω・ ) そうだね

さ~これで次の日には60℃間違いなし…って…

あれ?

温度計3日目には30℃に急降下

な   ん   で   ?

いやピーク時には60℃まで上昇してたかもしれないし、そもそも温度計が刺さってる所が正確な温度ってわけでもないんだけど…

それにしても冷めすぎじゃね?

とりあえず攪拌してみると、まあ…かろうじてブロック状になってる感じで、匂いからしても発酵が進んでる状態とは思えない!

それでも【光合成細菌】のほうがマシかな?
どっちにしても早く手を打たないと…

リカバー方法:少量の小麦粉と【光合成細菌】を添加する

てか前回もやったんだけど、結構これが効果的なんだよね
今回もリカバー後に温度が上昇して、4~5日は40℃台をキープしてたし…

やっぱフスマより小麦粉?
もしくは菌との相性とか?

でも全面的に小麦粉を使うとなると、コスト面で問題がsweat02
フスマとブレンドしてみよっかな~

さあ~なんとかリカバーにも成功して、温度も再び30℃台に戻ったところで…

衣装ケースお得意の密封大作戦

白色腐朽菌っていうのかな?あえて空気を遮断することで分解が進み、マットがみるみる白色化

さらには袋の中から甘酸っぱい匂いも漂ってきて、まさに低温でじっくり分解&発酵してるって感じ!

【EM菌】でも同じだったんだけど、経験上しっかり密封しないと変色しない!

だから嫌気的な状態で約一週間は放置するんだけど、これ開封したら結構キョーレツな匂いがするんだよね

そりゃ密封してるから当たり前なんだけど、例の家畜系に近い香りが…

でも田舎育ちだから匂いには免疫があって、こういうの実は意外と平気!
むしろ匂わないと物足りないsign04

まあ腐ってるような匂いでもないし、ガス抜きすれば収まるからね♪

それよりも白いマットに拘りたい!
だってキレイだよ?例えるなら…

・完熟マット = ブラックコーヒー
・2次発酵マット = ブレンドコーヒー
・自作マット = カフェオレ

それが栄養価としてどうなのかは分からないけど、すっかり癖になっちゃった(笑)
これで結果がついてきてくれれば最高なんだけどな~

まだまだ発展途上の自作マットだけど…
白さを追求して!目指せヘラヘラ140UPdash

| | コメント (3)

菌糸ボトルの選択⑥

【DOS】をバッサリと見切ったあとに辿りついた【虫屋ドットコム】

最初はシンプルな品揃えや送料の安さなんかに魅かれて、間違いなく当たりメーカー確定かと思われたんだけど…

・強烈な劣化
・謎の異物混入

これらの実態に直面して…ついにはずれメーカーが確定!
幼虫も成長具合も並以下だしね~

し   か   も   …

ヒラタケ菌糸ヒラタケ菌糸

冷蔵庫に保管してた【ヒラタケ菌糸ブロック】を見てみたら…なんとカビルンルン

そりゃ空気中には山ほど菌が浮遊してるけどさ~
まだ未開封だよ?

しかも5個のうち2個で発生って、マジで笑えませんから

つーことで廃棄!
先日カワラブロックも捨てたばっかなのに、どんだけ無駄な金を使わせんだよdash

(#゚Д゚)y-~~ イライラ     Σ(゚д゚;) 禁煙中でしょ?

でも…これで未練なく【虫屋ドットコム】は見切れるな~
安いのには理由があるってことが、この2メーカーのおかげでよく分かった!

結局は【WISH】に戻ることになるのかな?

今までカワラは使用したことなかったから、試しにカワラ菌糸を購入してみたけど…
やっぱ安い菌糸とは根本的に別物だったしね

オオヒラタケは文句なし!
だけどブロックが高いのがネックだから…

とりあえず値下がりした【フジコン】を試してみて、それで駄目なら出戻りしよ♪
大手で実績アリなら間違いないでしょ

さて!密かに購入を企んでた【ブロック崩しセット】だけど…
これが実は結構な値段するんだよね

いや…ただ高いだけなら別に問題ないんだけど、セット内容の【パンナイフ】だけ見ても600円とかするじゃない?

そんなの100均で買えまっせ?
ボッタクリもいいとこだよ…

消費者ナメんな(笑)

てことで購入するのもシャクになっちゃったから、当面は2~300円の網×2枚をラックに固定したボンビーセットで凌ぐことに!

ブロック崩しセット

この手作り感がイイ味だしてるsign04

ボロボロと網から落ちちゃうのが欠点だけど、それは網から落ちないよう丁寧に崩していけばいいわけで…

実際これで充分ですよ!

| | コメント (5)

【ノコギリ】地元産ブリード

シーズン前にひっそりと宣言してた【ノコギリクワガタ】の本気ブリなんだけど、実は宣言通り水面下で着々と進行してまして…

さかのぼること8月上旬!

まずは親♀を決めなきゃいけないんだけど、とりあえず今シーズン地元で採集した個体の中から3頭…大きくて赤っぽい色の♀をチョイス

昆虫画像

特にサイズを計ったわけでもないんだけどね
まあ目測で適当に…

残念ながら選定に洩れちゃった個体は、そのまま野外にリリースdash
いや~地元産ってのは楽でいいな♪

そして8月中旬!
たっぷり栄養を摂らせてから、いよいよ初の産卵セットへ…

産卵セットブロー容器

投入downwardleftズドンッ!!!

な~んて大げさに言ってはいるけど…実は1500ccのブロー容器に自作マットを堅く詰めて、エサと転倒防止用の材を入れただけの簡単セット

ナメてるわけじゃないんだけど、なんせ地元での採集品だし…
たまには気楽にセットしてもいいんじゃない?

てことで産卵木もなし!
でもイケそうな気がするsign04

そして8月下旬…
ためしに採卵してみると?

採卵画像採卵画像5

キタ ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!そのうち2♀がしっかり産卵!

たったの7個しかないけど…
ヌルいセットでよくぞ産んだ(笑)

さ~これで【鳥取産ノコギリクワガタ】の飼育が本格的にスタートだね!
今回のセットで産んでくれた2♀も、さっそく次の産卵セットに投入してるし…

あとは孵化してくれるのを待つのみ
発展途上の自作マットで…どこまで大きくできるかな?

| | コメント (5)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »