« 菌糸ボトルの選択⑥ | トップページ | 【ゴホンツノ】やけっぱちセット »

ブレンドマスターへの道 vol.25

とにもかくにも、まずは初期発酵で60℃以上に発熱させるべく、万全の体制で挑んだ8回目のオリジナルマット作り…その後の経過報告を!

・【ドライイースト】を予備発酵させた水溶液
・【光合成細菌】を培養した水溶液

今回は上記2品をフスマと一緒に添加して比較してみたんだけど、想像以上にマットの反応が早い!翌日には50℃手前まで一気に上昇

これはイケる!!!

今までは高温でやられちゃうと思って中盤に投入したてんだけど…
やっぱ起爆剤としての菌は必要なのかも?

( ´_ゝ`) 深いね     φ(・ω・ ) そうだね

さ~これで次の日には60℃間違いなし…って…

あれ?

温度計3日目には30℃に急降下

な   ん   で   ?

いやピーク時には60℃まで上昇してたかもしれないし、そもそも温度計が刺さってる所が正確な温度ってわけでもないんだけど…

それにしても冷めすぎじゃね?

とりあえず攪拌してみると、まあ…かろうじてブロック状になってる感じで、匂いからしても発酵が進んでる状態とは思えない!

それでも【光合成細菌】のほうがマシかな?
どっちにしても早く手を打たないと…

リカバー方法:少量の小麦粉と【光合成細菌】を添加する

てか前回もやったんだけど、結構これが効果的なんだよね
今回もリカバー後に温度が上昇して、4~5日は40℃台をキープしてたし…

やっぱフスマより小麦粉?
もしくは菌との相性とか?

でも全面的に小麦粉を使うとなると、コスト面で問題がsweat02
フスマとブレンドしてみよっかな~

さあ~なんとかリカバーにも成功して、温度も再び30℃台に戻ったところで…

衣装ケースお得意の密封大作戦

白色腐朽菌っていうのかな?あえて空気を遮断することで分解が進み、マットがみるみる白色化

さらには袋の中から甘酸っぱい匂いも漂ってきて、まさに低温でじっくり分解&発酵してるって感じ!

【EM菌】でも同じだったんだけど、経験上しっかり密封しないと変色しない!

だから嫌気的な状態で約一週間は放置するんだけど、これ開封したら結構キョーレツな匂いがするんだよね

そりゃ密封してるから当たり前なんだけど、例の家畜系に近い香りが…

でも田舎育ちだから匂いには免疫があって、こういうの実は意外と平気!
むしろ匂わないと物足りないsign04

まあ腐ってるような匂いでもないし、ガス抜きすれば収まるからね♪

それよりも白いマットに拘りたい!
だってキレイだよ?例えるなら…

・完熟マット = ブラックコーヒー
・2次発酵マット = ブレンドコーヒー
・自作マット = カフェオレ

それが栄養価としてどうなのかは分からないけど、すっかり癖になっちゃった(笑)
これで結果がついてきてくれれば最高なんだけどな~

まだまだ発展途上の自作マットだけど…
白さを追求して!目指せヘラヘラ140UPdash

|

« 菌糸ボトルの選択⑥ | トップページ | 【ゴホンツノ】やけっぱちセット »

ブレンドマスターへの道」カテゴリの記事

コメント

しばらくスル~してました(笑

で、カフェラテを目指しましょう!

投稿: 金太郎 | 2010年9月10日 (金) 20時45分

っお!ブレンドマスターへの道もvol.25まで
来ましたか・・・凄いっすね^^

そろそろ良いマットが出来やがるんでわ^^
期待してますよ自作マットで ヘラの150UP
目標プラス10足しちゃった(爆

がんばって!

投稿: たかパパ | 2010年9月10日 (金) 23時57分

>金太郎さ~んhappy01

あら!お久しぶりです♪
寂しかったですよ~

カフェラテとはオサレですねcafe
金さんにピッタリ^^


>たかパパさ~んhappy01

そうなんですよ!
いつの間にか25巻も…

だいぶ掴めてきた感はあるんですけどね~
ヘラで150UPなんて出ちゃった日にゃ、歓喜のあまり白目で昇天ですよdash

投稿: ほたて | 2010年9月11日 (土) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菌糸ボトルの選択⑥ | トップページ | 【ゴホンツノ】やけっぱちセット »