« マシマロ登山紀行 vol.1 | トップページ | マシマロ登山紀行 vol.3 »

マシマロ登山紀行 vol.2

<< マシマロ登山紀行 vol.1

およそ20年ぶりとなる霊峰【大山】で初の【三鈷峰】にアタック中のマシマロ
なんとか全体の7割ほど登ったところで、ある違和感に気付く…

「こんにちは~(チラッ)」
「あ、すみませ~ん(チラッ)」

なんだろう?すれ違う下山者達の視線が何故かおかしい…

Σ( ゜Д゜)ハッ!

ひょっとして服装!?

それもそのはず、同行中のN氏はもちろん他の皆様も完全な登山ルックであり、なおかつおしゃれコーディネートでカッコいい!ふーん、今や登山もファッションなんだね

なのに自分ときたらone 頭にはタオルtwo 上下とも作業着three グローブじゃなく軍手four 普通のスニーカーfive 子供の遠足用リュックという、山をナメきった格好をしてるわけ!

もう、どっからどう見ても【業者の人】ですよ

だってN氏が「どんな格好でもいいよ~」って言ってたからさあ、深く考えずに着慣れた服装で行ったんだけど、こりゃ間違いなく浮いてるわ…

場違い感ハンパなしsweat02
ここまで登るのに必死で、全く気付かなかったな~

でも、こうなったら成りきるしかない!
山頂にある避難小屋の修繕にきた業者の人に成りきろう!

そう心に決め、登山初心者と悟られないように悲鳴を上げる下半身を根性で動かし、疲れを見せない引きつった笑顔で、堂々かつ黙々と登り続けた

そ   し   て   …

無事に山頂に到着!ここでN氏と登頂記念のハイタッチ
記憶している限り、これが人生初のハイタッチだったかもしれん…

風景画像

ちなみに写真は山頂で味噌汁の準備をするN氏(これが超ウマい)
登山中は暑くて汗をかく程だったのに、動くのをやめた途端もう寒い寒い!

防寒着の準備を怠らないN氏さすがです

山頂でランチした後は知る人ぞ知る死の縦走ルート視察

これは今回登頂した【三鈷峰】と、一般的な登山道である反対側の【弥山】をつなぐ縦走路で、現在は崩落の危険が高く立ち入り禁止エリアになってるんだって!そして大山の本当の山頂っていうのが、このルート上にある【剣ヶ峰】

滑落による死者も出ている中で果敢にチャレンジする者も多く、またN氏もそんな茨の道にロマンを感じている大馬鹿野郎のひとり(笑)

N氏の勧めで立ち入り禁止エリアのちょっと先まで行ってみると…

風景画像風景画像


いやコレ伝わるかな?

写真に写ってる場所までは両サイド比較的ゆるい傾斜なんだけど、その先からは断崖絶壁で滑落したら即アウト!例えるなら上空500mでの平均台って感じ?

しかも、それが起伏あり崩落ありで100メートル以上も続くってんだから…

ガチでヤバいでしょ?
そりゃ立ち入り禁止になるわ(笑)

てことで下山!

出発してから麓まで約5時間、全身ガタガタになり正直もう登りたくない!って思ったんだけど、この時にはもう登山ってやつに魅了されていたんだろうな~

翌日には登りたくてウズウズ

この日から登山家を目指しての挑戦が始まりましたdash

|

« マシマロ登山紀行 vol.1 | トップページ | マシマロ登山紀行 vol.3 »

マシマロ登山紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マシマロ登山紀行 vol.1 | トップページ | マシマロ登山紀行 vol.3 »