« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年3月の1件の記事

マシマロの新たなる挑戦

3月1日からの勤務開始を間近に控えた2月28日の日曜日、特に得意なわけでもないのに何故かチビスケが出場を熱望した「百人一首大会」が開催!

風景画像

場所は鳥取県中部にある【はわいアロハホール】
自宅から約1時間かけての参戦であります

風景画像

チビスケの通う小学校では年に何回か百人一首大会を開催してて、その流れで申込書が保護者に配布されたんだけど、まさか参加することになるとは…

ちなみにチビスケのレベルは同学年で並程度

別に小学校で優勝したとか上位に食い込んだとか一切なし
百人一首が好きで日々練習しているとかも当然なし

もう一度だけ言うけど、なんで応募した?

県内から猛者の集まる大会で1勝もできずに悲しむ姿が目に浮かんで、そりゃあもう当日は家族一同ハラハラですよ

と   こ   ろ   が   …

小学校低学年の部
6選5勝で予選通過 ∑(=゚ω゚=;) エッ?

準決勝では惜しくも敗退したけど、それでも19人中で圧巻の3位!

気怠そうに勝負する無気力な子供の多い中で「ハイッ!」っとトップクラスの声を出し、顔を真っ赤にしながら懸命に勝負しているチビスケの姿を見て、なんか自分も色んなパワーをもらった気分

これで3月からの仕事も頑張れる!

てことで、今日で何とか無事に3日間が経過
慣れない仕事で大変は大変だけど、3月中は半日パート扱いだから気楽だよ

ちなみに介護業界4年目となるマシマロが選んだ職種は【訪問介護員】

前の会社では有料老人ホーム施設長やデイサービス管理者までやらしてもらってたんだけど、なんか利用者や家人の理解を超えて変に専門的になっていく介護業界の現状に違和感を感じるというか、例えば90歳を過ぎた認知症高齢者にリハビリやら認知症ケアやらで金銭的負担ばかり増えるようなプランに嫌気がさしてきた

もちろん金に糸目をつけず色々なケアを望む人もいるよ?
ケアプランも家族や本人の同意のもとで作成されるわけだしね

だけど入居しちゃうと大半は本人の年金では足りず、子の世代が少ない収入の中で利用費を補ってる現状で、実際にその負担は家庭全体にのしかかる

いくら認知症で理解できないとはいえ、その現状を本人は喜ぶだろうか?
そこまでして老い先の短い自分に専門的なケアを望むだろうか?

ケアマネの中には家人に知識がないのをいいことに、在宅サービスだけで限度額を超え10万円近い負担となるプランを作成するイカれた人もいる

本人は認知症もあり馴染みの場所でゆっくり生活したいはずなのに、やれ他のデイサービスだのデイケアだので目まぐるしく連れまわされる入居者もいる

それぞれの介護サービス事業者も、自分の施設の運営のために受け入れを優先
なんか汚い部分だけが目についちゃって、ほんと介護業界が嫌いになりかけたよ

だから自分が出した結論は…

とりあえず残り8ヶ月間の従業日数を満たしてケアマネ受験⇒合格するまでは、初心に戻って在宅ケアの最前線であるヘルパーになるdash

もちろん全てがそうというわけではないんだけど、デイサービスや入居施設での画一的な支援ではなく、ひとりの利用者としっかり向き合いたいって思ったわけ

でも生活援助が中心だから料理とか大変
ニート中の5ヵ月間で少しは練習したんだけど、応用が全然きかないんだよね(笑)

ただ職場は地元50歳以上の個性的なママン達が仕切ってて、いい意味で民間っていうより役所的なユルさもある感じだから、それほどストレスなく続けられそう

落ち込んだり挫折したりもあるだろうけど、しっかり腰を据えてスキルアップしよう!

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »