カテゴリー「マシマロ登山紀行」の7件の記事

マシマロ登山紀行 vol.7

10月の話になるんだけど、小学校の親子レクで孝霊山登山ってのがあったのね
しかも去年チビスケと登ったルートではなく、何やら新規開拓されたルートらしい

もう問答無用で参加申し込みですよ
新しいルートなんて興奮するわ

そこでウォーミングアップってわけではないけど「その前に大山に登っとく?」って事になって、親子レクの1週間前にチビスケと大山登山を決行!でも…

【大山】標高1,729m
【孝霊山】標高751m

ウォーミングアップどころか、どっちがメインか分からんね(笑)

風景画像初の大山にやる気マンマンのチビスケ

今回は小学生でも登れる一般的な夏山登山道ではなく、長~い石畳で有名な大神山神社から始まる元谷コース

そりゃ夏山登山道のほうが楽なんだけど、個人的には単調で面白くないんだよな~

傾斜がキツくても元谷コースは登山道や景色に変化があって飽きない!

森あり川あり木橋あり急勾配あり…って感じで、たぶんチビスケも楽しんでくれるんじゃないかな?

夏山登山道はこの先5年生の学校行事でも登ることになるしね

さ~それじゃ登りますか!

まずは大神山神社の裏から細い林道に入っていく
そして沢沿いを進み河原に出たところで、その沢を渡って再び登山道へ

風景画像風景画像

ほらほら、登山道にも色々と変化があるわけよ
アスレチックコースみたいで面白そうでしょ?

やっぱ元谷コースで正解だったな~なんて思いながら順調に登ってると…

チビスケ「もう帰りたい」

エ━━━━━━Σ(゚д゚;)━━━━━━ッ!!!

もともと熱しやすく冷めやすい、そして根性の足りないチビスケの心が早々と折れた
まだ全体の3分の1も進んでないのに、も…もう?

いや確かに急勾配でキツいルートではあるんだけど、こんな中途半端なところで中断してしまったらチビスケの人生に絶対マイナス!

なんとかしなければ…

「今が一番ツラいところだから」
「あと1時間ぐらいで山頂だから」
「もうすぐ景色が綺麗に見えるから」

などと声掛けするも、一度ヘソを曲げたチビスケの機嫌を直すのは簡単ではない
チビスケのグズりっぷりにマシマロの我慢も限界寸前

と…その時、マシマロの一言で状況が一変した!

「○○ちゃんも登ったみたいだよ」

チビスケ「え?ほんと?」

ちなみに○○ちゃんとはチビスケと同じクラスの女の子であり、さらにはマシマロの師匠であるN氏の長女

これで対抗意識に火がついたのか、愚痴りながらもグイグイ登っていく!

風景画像

5合目付近で夏山登山道に合流、暑くなってきてシャツを脱ぐチビスケ
6合目の休憩所で少し休憩して再出発

標高が高くなるにつれ今度は寒くなってきて、準備していた防寒着を着用

風景画像風景画像

7合目を超えたあたりから風景は一変、それでもチビスケのスピードは衰えない
ほんとマシマロもついていくのが精一杯ですよ

風景画像そして8合目を過ぎキャラボク地帯へ

ここから環境保護のための木橋が山頂まで続いており、景色も素晴らしく傾斜も緩やかだから、ここまでくれば登頂したも同然

ここでふっと気付いたんだけど、夏山登山道に合流したあたりから他の登山者も増えて、出会うたびチビスケに「小さいのにすごいなあ」「もうすぐだから頑張れよ」って声をかけてくれたんだよね

山頂というゴールが見えてきたってのもあるし、それでチビスケのモチベーションも保てたんじゃないかなあ?9合目を過ぎる頃にはすっかり上機嫌で、一緒に手をつないで歩いたよ

そして麓を出発してから約2時間、ついに大山の山頂に到着!

ほっとした表情のチビスケとハイタッチして、お待ちかねのおにぎりタイム
ちょっと曇ってきたけど、綺麗な景色を眺めながらのランチは格別ですよ

ここで登頂のご褒美ってわけではないんだけど、帰りに最近のお気に入りである【デュエルマスターズ】のカードを買ってやるって言ったら…

チビスケ「よし!もう帰ろう」

風景画像

特に余韻に浸ることもなく下山開始(笑)

ほんと、子供って切り替え早いな~
山頂の滞在時間10分ぐらいだよ

でも、ほんと諦めず登りきってくれてよかった…

んでメインである1週間後の孝霊山登山
前日にチビスケがマイコプラズマ発症、残念ながら辞退しました ∑(゚∇゚|||) エッ

| | コメント (0)

マシマロ登山紀行 vol.6

<< マシマロ登山紀行 vol.5

地元が誇るマイナー山、孝霊山の新しい登頂ルート開拓へ!

その最重要ポイントは中腹を走る山道
その入り口を突き止めるべく周囲をトレッキング、残念ながら1本目のルートはハズレ

風景画像

そして見つけた2本目の林道
目指す方向は写真左手である南方向、今度こそ当たりか!?

風景画像

とにかく奥へ進んでみると、なにやら側溝もあるし昔の道なのかな?
時代劇にでも出てきそうな雰囲気の中ひたすら歩く

風景画像

もうコレ確実に手入れされてるよね
方向も間違ってないっぽいし、この先に孝霊山に続く山道が!?

風景画像

しかし無念の行き止まり…かと思いきや、よく見ると地形に違和感
これ整備こそされてないものの、幅50cmほどの山道じゃない?

途中には明らかに人工的な石の置物もあり、やっぱり昔の道なんだと確信
その先には何があるのか?雑草や枝を掻き分けガンガン進む

すると眼下に明るく開けた場所を発見!
おおーーーっ!こ…これは…!

風景画像

「・・・・・・・・・・・・???(ポカーン)」

あれ?ここって…まさかA地点???
うそ…だろ…

ずっと南に向かってると思ってたのに、実際は北に向かってたってこと?
それで1本目で断念した最終地点に、植林地帯の奥から出てきて戻っちゃったの?

?????
この後しばらく混乱し、あろうことか出てきたルートを見失う

一度は諦めた1本目の山道を戻るのは嫌だから、方向感覚がマヒしながらも死ぬ物狂いで道を探し出し、何とか進んできた2本目のルートに帰還

あ~危なかった…

そして整備された道まで戻ったところで、あることに気が付く

風景画像

こんな場所に分岐点あったっけ?

さっきは分からずに右ルート行ったんだけど、目的の南方向は左だから…
ここで向きが狂ったのか?そうと分かれば左にGO!

こっちのルートも途中までは人の手で整備された形跡あり
だけど進むにつれ竹や大木が倒れて行く手を阻んでおり、もはや完全に未踏の地

でも…今度こそ南に向かってるはずだから、きっと目的の場所には近づいてるはず
もう後には引き返したくないし、足元に流れる雪解水の流れを辿れば迷うことはない!

よし!日が差し込んで明るい場所が見えてきた
やっぱり間違っていなかったんだ…って…

風景画像

「・・・・・・・・・・・・ゾクッ」

そう、まさかのA地点
出てきたのは最初に川を辿ってみるも諦めた、完全に手つかずに見える山の中



ここで初めて山の怖さを知りました

そして再び歩いてきたルートを見失い小パニック、30分ほど山中をさまよい歩く
なんとか山から脱出できた頃には擦り傷だらけで、身体はボロボロ靴はグチョグチョ

もう…帰ろう…
(車で来ればよかった)

帰宅した頃には出発から3時間以上が経過
少し冷静さを取り戻してきたところで、改めて今回のルートを確認してみると…

やっぱりA地点に吸い込まれるように進んでたことが分かった
怖い!ほんと素人が軽い気持ちで入山していいもんじゃないね

そして目的の山道らしきルートは、ここより更に南側だということも判明

よ~し、次こそリベンジだdash
今度はもっと慎重かつ冷静に、念のため地図とコンパス持って行こう!

| | コメント (0)

マシマロ登山紀行 vol.5

風景画像

昨年末にチビスケと登頂した、地元のマイナー山である孝霊山

途中まで車で行ける一般ルートは電波塔が連なるピークを経由、写真では手前の山で隠れて見えないけど右側の日本海方向からぐるっと迂回する必要あり

ちなみにマシマロ達の居住エリアは左側に見えるピークのふもと付近であり、隊長のN氏と「そっちからでも頑張れば行けるんじゃね?」みたいな話で盛り上がる

そのキッカケは…

実は約5年前に写真左手側の山中で材割り採集に挑んだ際、その中腹に伐採した材木の運搬用と思われる山道を発見したからなんだよね

<< ゼロからの材割り採集記 vol.3

その時は山道の入り口がどこなのかなんて深く考えなかったんだけど、左側のピークを通る新たな登山ルートを開拓する上では、非常に重要なポイントになるはず!

N氏は仕事で不在だから単独で、まずは山道の入り口がどこなのかを探索だdash
登山と言うより軽い気持ちでトレッキング、それが思いもよらぬ試練になろうとは…

まず向かったのは写真中央やや右側に位置する、少し前から気になっていた林道

風景画像

ごくごく最近も車で侵入したような形跡あり、初めての山中だけど安心して進む

ちなみに今回、山に入る場所と出る場所が違う可能性もあるので家から徒歩
この時点で3km以上は歩いたような気がするけど、これが不思議と疲れてない

風景画像

しばらくすると分岐あるも、目的は南方向なので迷うことなく左側へ

風景画像

いや~山の中を歩くのってほんと気持ちいい!
もう目的の山道に続いてるのは、ここで間違いないでしょ?

風景画像

なんて思った矢先に行き止まり
この先には放置された梨畑らしきものがあり、その手前で道の整備はストップ

でもさあ、ここまで整備されてたのはなんでだろう?
だって…

風景画像

終着点には小川が流れる開けた場所があるだけだよ?念のため川を辿って行けるとこまで行ってみたけど、その先は完全に手つかずの山中なので断念

ここまで出発から約1時間

引き返すのも面白くないしどうしようかな~って周囲を散策すると、どうやら写真左側は人の手により植林されたエリアらしく、もっと奥まで侵入できそうな感じ!

ひょっとして整備されてたのは植林地帯の管理のため?

風景画像

前進できる喜びでトランス状態になり我を忘れて進む!枝を掻き分け進む進む!
…も、この先で植林地帯は終わっており我に返って再び断念

完全に行き詰ったから諦めて引き返すことにしつつ、ついでに途中の分岐点で逆の方向にも行ってみたけど、ぐるっと回って元に戻っただけだった(笑)

入ってきた場所に戻ったのは出発から1時間30分が経過した頃
もう5km以上は歩いてるし、さすがに少し疲れてきたよ

このルート探索の収穫としては、不自然に開けた場所と小川を発見できたことかな?
ここを仮にA地点としておこう

もちろんこのまま帰宅するわけではなく、別の山道入口を探して南に進む

すると…

風景画像

500mほど進んだ場所、とある集落のはずれに山中へ続く道を発見
今度こそ探してた山道に間違いないはず!

それが、まさか…

>> マシマロ登山紀行 vol.6

| | コメント (0)

マシマロ登山紀行 vol.4

風景画像

次にアタックするのは、あまりにも地元すぎて眼中になかった【孝霊山】
※写真は別日に撮影しました

右側のピークには電波塔がそびえ立ってて、そこまでは車で移動が可能
あ、可能っていっても基本的に関係者以外は車の立入禁止だけどね

電波塔の手前から山頂への登山道があるんだけど、登山者が少ないため荒れ放題
でも地元の自治会が少し整備したらしく、今では小学生でも登れるんだって!

てことで早速チビスケ連れて登山開始dash

風景画像

麓ではチェーンで車での侵入をブロック
関係者や一部の人しか知らない暗証番号を入力すれば解除可能

だから…ここから登山道入口まで約3kmひたすら歩く!

風景画像

実は暗証番号ゲットしてるから車で行けるんだけどね(笑)
天気の良い日は歩くのがイチバンですよ

風景画像風景画像

記念に電波塔まで登ってから、ちょっと戻って登山道へ!

風景画像

親の心配をよそにグイグイ進むチビスケ
小学2年生ともなると、意外と体力あるな~

風景画像

急勾配の合間にある尾根で休憩がてら景色を堪能…したかったんだけど、早く登りたいチビスケにせかされたから写真だけ撮って泣く泣く出発

風景画像風景画像

山頂に近づくにつれ雪が多くなって滑りやすい!

風景画像

そして…登山口からは1時間もかからず山頂へ!ここには昔でっかいアンテナが立ってた記憶があるから、この建造物はその名残かな?

風景画像風景画像

三角点から見た霊峰【大山】と、米子市方面を眺めるチビスケ
登ったのは12月20日なんだけど、雪も少なく天気も最高sun

風景画像

眼下には途中のピークに立つ電波塔、その先には弓ヶ浜半島がくっきり!
反対側からは自宅も見えるという絶好のロケーション

そんな景色を堪能しながらの昼食タイム
チビスケはおにぎり3個をペロッとたいらげ、「じゃあ降りよう!」って…

ほんっと、せわしない奴だな(笑)

次は一緒に【大山】登るぞーっ!!!

| | コメント (0)

マシマロ登山紀行 vol.3

11月3日に大山【三鈷峰】に登り、数日間にもおよぶ全身筋肉痛も癒えたころ…

山への想いがオーバーフローし、ついに独りで登山決行
もう爽やかな秋晴れの大山を見てると我慢できない(笑)

【11月12日】夏山登山道~弥山

このコースは最も一般的であり、地元の小学校では高学年が毎年アタックするほど、整備も行き届いており危険も少ない人気ルート!

性懲りもなく完全にナメて挑んだ結果…
またも2合目付近でバッテバテ

たぶん最初からハイペースで登りすぎたんだろうな~
40歳目前となった今、体力は小学生以下なんだと改めて実感

しかも独りだから誰に対して弱音を吐けるわけでもなく、ただ黙々と登り続け…

風景画像

約1時間30分かけて登頂!
この景色もう素敵すぎて言葉になりませんsign04

何て言うんだろう?登山中って色々ある日常を一時忘れられるんだよね
そして頂上に到着した時の達成感と解放感と非現実感その他もろもろ…

ひと言では表せない様な、ちょっと中毒的な魅力があるよ
案の定この4日後にも大山を見てウズウズしはじめ…

【11月16日】大神山神社~元谷~弥山

風景画像でも夏山登山道って個人的に面白みに欠けるっていうか、コースに変化も少なく単調って印象なわけ

そこで今回は別ルートに挑戦!

この行者コースとも呼ばれるルートは、大神山神社からスタートし元谷経由で夏山登山道5合目付近に合流する行程で、N氏いわく「苦行コース」らしい

確かに急な階段をひたすら昇るキツい場所もあったけど、登山道もしっかり整備されてて行程に色々な変化がある!森や沢や景色を堪能しながらハイキング気分で登っていけるから、実際に登ってみると本当すごく楽しかったんだよね

この日は他の登山者が少なかったから、自分のペースでゆっくり気楽に進めたってのもあるのかも?

夏山登山道はお腹いっぱいだけど、これなら何杯でもおかわりできそうですよdash

そして山頂!登山時のお気に入りランチであるカロリーメイトを食べながら、しばらく放心状態で景色を堪能⇒ついでに弥山からの縦走ルートを視察

風景画像

細い縦走路の先には、真の山頂である【剣ヶ峰】の石碑が!

ここから見ると本当にすぐそこ、山頂に手の届きそうな感覚になるんだけど…
もちろん立入禁止であり登山ド素人が踏み入れられるような甘い場所ではない(笑)

初心者でも気軽に登れる山でありながら、そんな秘境的一面を併せ持つ大山
それが魅力でありロマンを感じる大きな理由なんだよね!

| | コメント (0)

マシマロ登山紀行 vol.2

<< マシマロ登山紀行 vol.1

およそ20年ぶりとなる霊峰【大山】で初の【三鈷峰】にアタック中のマシマロ
なんとか全体の7割ほど登ったところで、ある違和感に気付く…

「こんにちは~(チラッ)」
「あ、すみませ~ん(チラッ)」

なんだろう?すれ違う下山者達の視線が何故かおかしい…

Σ( ゜Д゜)ハッ!

ひょっとして服装!?

それもそのはず、同行中のN氏はもちろん他の皆様も完全な登山ルックであり、なおかつおしゃれコーディネートでカッコいい!ふーん、今や登山もファッションなんだね

なのに自分ときたらone 頭にはタオルtwo 上下とも作業着three グローブじゃなく軍手four 普通のスニーカーfive 子供の遠足用リュックという、山をナメきった格好をしてるわけ!

もう、どっからどう見ても【業者の人】ですよ

だってN氏が「どんな格好でもいいよ~」って言ってたからさあ、深く考えずに着慣れた服装で行ったんだけど、こりゃ間違いなく浮いてるわ…

場違い感ハンパなしsweat02
ここまで登るのに必死で、全く気付かなかったな~

でも、こうなったら成りきるしかない!
山頂にある避難小屋の修繕にきた業者の人に成りきろう!

そう心に決め、登山初心者と悟られないように悲鳴を上げる下半身を根性で動かし、疲れを見せない引きつった笑顔で、堂々かつ黙々と登り続けた

そ   し   て   …

無事に山頂に到着!ここでN氏と登頂記念のハイタッチ
記憶している限り、これが人生初のハイタッチだったかもしれん…

風景画像

ちなみに写真は山頂で味噌汁の準備をするN氏(これが超ウマい)
登山中は暑くて汗をかく程だったのに、動くのをやめた途端もう寒い寒い!

防寒着の準備を怠らないN氏さすがです

山頂でランチした後は知る人ぞ知る死の縦走ルート視察

これは今回登頂した【三鈷峰】と、一般的な登山道である反対側の【弥山】をつなぐ縦走路で、現在は崩落の危険が高く立ち入り禁止エリアになってるんだって!そして大山の本当の山頂っていうのが、このルート上にある【剣ヶ峰】

滑落による死者も出ている中で果敢にチャレンジする者も多く、またN氏もそんな茨の道にロマンを感じている大馬鹿野郎のひとり(笑)

N氏の勧めで立ち入り禁止エリアのちょっと先まで行ってみると…

風景画像風景画像


いやコレ伝わるかな?

写真に写ってる場所までは両サイド比較的ゆるい傾斜なんだけど、その先からは断崖絶壁で滑落したら即アウト!例えるなら上空500mでの平均台って感じ?

しかも、それが起伏あり崩落ありで100メートル以上も続くってんだから…

ガチでヤバいでしょ?
そりゃ立ち入り禁止になるわ(笑)

てことで下山!

出発してから麓まで約5時間、全身ガタガタになり正直もう登りたくない!って思ったんだけど、この時にはもう登山ってやつに魅了されていたんだろうな~

翌日には登りたくてウズウズ

この日から登山家を目指しての挑戦が始まりましたdash

| | コメント (0)

マシマロ登山紀行 vol.1

去る11月3日…友人N氏の誘いにより、地元が誇る霊峰【大山】に登ることに!

保育園時代からの付き合いでもあるN氏、思い起こせば中学時代や社会人になってからも一緒にへっぽこバンドを組んでみたり、現在加入している保険の担当者ということもありで、かれこれ30年以上の付き合いになるんだな~

そうそう、その日も保険の相談してたのよ
色々とプラン変更の話をしている中で、いつのまにやら登山の話題になり、そして一緒に登ることが決定!

あ、そういえばN氏とは高校時代も一緒に登ったんだった
確か深夜出発して朝日を見ようとか言って、結局その日は曇りで見えなかった(笑)

聞くところによるとN氏は30代前半で山に目覚め、それ以降は取りつかれたように大山に登ってるんだって!だから小学生でも登れる一般的な登山道ではなく、反対側の三鈷峰ってとこを目指すルートでアタックすることにdash

風景画像さて登山当日!まずは大山の有名な名所である【大神山神社】を目指し、長い長~い石段を昇るんだけど…

これ結構キツいよ?すでにバテはじめて「今、全体の何%ぐらい進んだ?」ってNに聞いたら、「まだスタート地点にも立ってない」って言われて驚愕した(笑)

聞けば日本一長い石畳らしいね!
地元なのに知らないことが恥ずかしい…

んで大神山神社に到着したら、そこで最終のトイレを済ませて遂に登山道へ!

自分の中の大山登山ってのは小学生でも登れるレベルって認識であり、例え少しぐらい難易度が高いルートであろうが完全にナメてたわけですよ

と   こ   ろ   が   …

ごめん本当にしんどいから!登山道に入ってすぐに急斜面の道なき道(いや登山家N氏に言わすと十分整備された登山道らしい)を進み、足を滑らせながら木の根につかまり岩を踏み越え足はガクガク呼吸はゼエゼエ、Nに「こ…ここで何%?」って聞くと「まだ20%にも到達してない」って言われ、山に来たことを激しく後悔(笑)

でもN氏いわく、このルートは最初の部分が一番しんどいんだって!
それを聞いて何とかモチベーションを保ちながら進み…

Nの中では2合目に位置する、比較的ゆるい勾配の尾根に到着
ここまで全く写真とか撮ってる余裕なかったsweat02

風景画像風景画像

写真は登山渋滞につかまるN氏と尾根で景色を堪能するN
満身創痍のマシマロとは違い、軽快な足取りで余裕の表情さすがです

でも確かに、N的2合目ポイントを過ぎたあたりから少し楽になってきた

色々と話をしたり景色を堪能したり…
残念ながら天候には恵まれなかったけど、自然の雄大さを感じながら気分よく登っていくことができたわけ!

そんな感じでN氏的7合目ポイントあたりまで進んだのかな?

さ~頂上はもうすぐだ!

>> マシマロ登山紀行 vol.2

| | コメント (0)